kenkoISLANDとは? >

kenko ISLAND的「自炊のススメ」

栄養 2020/02/27 425 views

みなさん自炊、していますか?「面倒くさい」、「料理は苦手」、「一人だったら買う方が経済的なんじゃない?」なんて意見も聞きますが、料理は実際にやってみると「なーんだ。簡単」と思う人も多いはず。頭でイメージしているよりも、実際はハードルが低いんです。
それが実感できるよう、kenko ISLANDでは「ひとり暮らしにぴったりごはん」という企画を連載中。このページでは驚くほど簡単に作れるレシピを紹介しています。料理を作ることは、そんなに大変じゃない!楽しい!と思えるメニューを掲載していますよ。

これでOK?と思えるほどの簡単さ

kenko ISLAND本誌で紹介しているメニューは毎回2種類。たったの5分あればできあがる「カンタン5分レシピ」と、コンビニで手に入るお惣菜などをアレンジして作る「コンビニごはんdeクッキング」。2019年7月発行の52号から12月発行の54号までに紹介してきたのは、以下の6品です。

52号

  • アボカド生ハム巻き
  • 簡単トマトの冷製パスタ

53号

  • 納豆梅キムチ和え
  • 焼き鳥てりたま丼

54号

  • アーモンドミルク甘酒
  • かぼちゃサラダのパングラタン

*このウェブサイトにあるバックナンバーから紹介したレシピは見られます!
https://www.islandweb.okinawa/

メニュー名だけでは、その手軽さは分からないかもしれませんが、おつまみから主食まで、例えば切って巻くだけ、切って和えるだけ、炒り卵を作ってコンビニのお惣菜と一緒にごはんにのせるだけと、どれも本当に簡単に作れるんです。

2020年3月1日発行の55号でも、簡単なのはもちろん、春らしくて華やかな“映える”メニューが登場しますよ♪

kenko ISLANDのレシピを考えているのは管理栄養士さん

とても手軽なメニューをkenko ISLANDのためにいつも考えてくれるのは、管理栄養士であり、薬膳指導員の資格も持つ高良江里奈さん。フリーで活躍されていて、料理教室の開催やイベント出店などの活動をされています。また、糀(こうじ)を使った発酵食品で健康的な食生活を応援する「手づくり発酵ストア」を2019年に仲間とともにオープン。砂糖は使わず、糀の甘味だけで作った油味噌やチョコペーストなどの商品開発をしています。

そんな高良さんにkenko ISLANDで紹介しているメニューについて、どんな工夫をされているか話をうかがいました。

「料理をほとんどしない人を対象にしたページということだったので、まず調理道具が必要最低限のものだけで済むように考えました。包丁とまな板、フライパン、あとは電子レンジくらいですね。
材料もあまり多くならないように、そして一般的な食材を使うように考えています。たくさんの種類を少しずつ使うようなレシピでは、食材を余らせてしまって困るだろうし、腐らせてしまってももったいない。それは調味料も一緒です。珍しいものは使い切れずに残してしまうことが多いですから。最低限、家にあるんじゃないかな、というものでできるように考えています」

とても簡単なのに味付けももちろんばっちり。とてもおいしく仕上がるのも嬉しいところ。また、見映えも意識しているので写真を撮ってSNSにあげれば「映える」こと間違いなし。一つでも作れば、「もう一つやってみよう」と料理が習慣になるきっかけに、きっとなりますよ。