kenkoISLANDとは? >

自分のキモチは家族と共有!

コラム 2021/03/01 202 views

臓器提供の意思表示は、免許証や健康保険証、マイナンバーカードなど、多くの人が普段持ち歩いている証明書などでできるもの。身近なものに記入をするだけでできる意思表示ですが、その際に大事なのは家族や大切な人と自分の意思表示についてきちんと話すことなのです。

自分のキモチだけれど、話して共有することの大切さ

臓器提供の意思表示を決定するのは、あくまでも自分ですが、その前にぜひしてほしいのが自分の考えを家族や大切な人と話す機会を持つということ。「自分の意思なのに、なんで意見を聞いた方がいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、実際に臓器提供をする時には家族の承諾が必要になります。自分の身に万が一のことがあった場合、家族や大切な人たちに意思表示の内容を尊重してもらえるようにするためにも、自分の考えを話して家族にも理解しておいてもらうことが必要です。

kenko ISLANDで展開中の「グリーンリボン物語」

多くの人にもっと臓器提供に知ってほしい、身近なものとして捉えて欲しいとの思いから、kenko ISLANDでは56号から「グリーンリボン物語」という漫画を連載中。

主人公のミドリさんが、免許更新の際に臓器提供の意思表示についてふと気づいたことから物語は始まります。その後、家族に話してみたら、意外な展開に…。

詳しくは、冊子またはバックナンバーを見てみてくださいね。

●グリーンリボン沖縄公式SNS
Instagram @gr_okinawa.official
Facebook @transplanetOKINAWA