身近でできるSDGs がじゅまるの家のウィッシュリストに協力しよう!

お知らせ 2023/03/29 374 views

最近ニュースでよく耳にする「SDGs」は、持続可能な社会を目指して国際的に取り組まれている目標のこと。私たちやこれからの社会を担う子どもたちが暮らしやすい社会をつくるためには、どんなことを意識して行動したらいいのでしょうか。身近にできるSDGsのひとつに「寄付」があります。病気と闘う子どもとその家族を支援するファミリーハウス「がじゅまるの家」では、日々の運営に役立てるための必要な物資を記載した「ウィッシュリスト」を公開しています。よりよい社会にしていくために、アクションを起こしてみませんか。

そもそもSDGsって何?

SDGsとは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)のこと。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指そうという国際目標です。「誰一人取り残さない」を誓い、人権や経済・社会、地球環境などの分野に関する課題を解決するための17の目標が定められています。詳細は外務省のサイトをご覧ください。https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

ファミリーハウスがじゅまるの家とは

離島や本島北部などの遠方から南風原町にあるこども医療センターなどの医療機関に入院、通院する病気や障がいのある子どもとその家族を支援する滞在施設です。遠方にお住まいの方の交通費や宿泊費などの経済的な負担を減らす役割を果たしています。利用者が快適に過ごせるように10室(和室6室、洋室4室)の個室を用意しているほか、キッチン、ダイニングルーム(食堂)、談話室、ランドリー室、プレイルーム、PCコーナーなどの共有スペースを設けています。病児家族の普通の生活を支えるためにスタッフが常駐し、利用される皆さまが安心・安全にゆったりと過ごせる、ホスピタリティにあふれた施設です。

どんなものを寄付したらいいの?

ファミリーハウスがじゅまるの家を運営する上で、皆さんからの寄付は欠かせません。寄付でいただく物資には、手軽に食べられる缶詰やレトルト食品、洗濯洗剤やおむつなどの消耗品だけでなく、季節によってはタペストリーやクリスマスプレゼントをいただくこともあります。寄付をするときに確認したいのが、必要な物資が記載された「ウィッシュリスト」。最新の情報はがじゅまるの家のホームページで更新されるので、そちらをご覧ください。SDGsの目標「3.すべての人に健康と福祉を」や「10.人や国の不平等をなくそう」の達成に少しでも貢献するため、「ファミリーハウスがじゅまるの家への寄付」という選択肢を選んでみませんか。

〈令和5年4月・5月のウィシュリスト〉

 ・手指消毒液(液体ポンプタイプ)
 ・インスタント味噌汁、スープ
 ・缶詰類
 ・パックごはん
 ・カップラーメン
 ・レトルト食品(汁物・おかずなど)
 ・デザート類(個包装のもの) 
 ・不織布のこども用キャラクター柄マスク
 ・液体洗濯洗剤
 ・こども用 紙おむつ(テープタイプのBIG、スーパーBIGサイズ)
 ・母乳パック
 ・シャンプー(本体)


※食品などのご寄贈は消費期限の確認をお願いいたします。
※お手数ですが、送料はご負担お願いします。

〈送付先〉
ファミリーハウス がじゅまるの家
〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町字新川272-16
TEL:098-888-0812
http://gajyumarunoie.com/

公式マスコット「わお」って?