kenkoISLANDとは? >

モデルウォーキングのプロから学ぶ!美しい歩き⽅

運動 2022/04/06 384 views

普段、猫背でうつむいて歩いていたりしませんか?姿勢を正して美しく歩くと、堂々としてかっこよく見えるだけでなく、ポジティブな思考になれたり、ダイエットにつながるなどいろいろなメリットがあります。今回は、元モデルの屋良先生から美しい歩き方について教えてもらいました。

屋良充佑紀(やら みゆき)
ウォーキングインストラクター。沖縄やフランスのベルサイユ宮殿にて行われたFashion Room MADONNAのファッションショーの出演経験のほか、自身がショーの演出を担当することも。モデルだった経験を活かし、ミスユニバース沖縄やミセスインターナショナルジャパンの沖縄大会など数々の大会でウォーキング講師を行うほか、Triangle studio and loungeにて一般向けのウォーキング指導も行う。

そもそも「美しく歩く」とはどういうこと?

歩くことは、あまりに日常的な動作なので無意識で行っている人が多いと思います。でもだからこそ、屋良先生の歩き方を見ると「美しく歩くってこういうことをいうのか!」ということが分かります。

「背筋を伸ばし、まっすぐ前を見て歩くことが基本の美しいウォーキングです」と屋良先生。確かに、先生の歩く姿は頭から足までが美しい直線になっていて、視線の先は地面ではなくまっすぐ。「姿勢がいい」と感じる状態のまま歩いているイメージです。

街中で猫背だったり膝が曲がったまま歩いている人を見ると、屋良先生は「もったいない!」と感じるそう。「美しい姿勢を意識するだけで、基礎代謝が上がって太りにくくなったり、腰痛や便秘などの身体の不調の解消、そして転倒防止にもつながるんですよ。やらないのはもったいないですよ」と。

正しい姿勢を意識することでいつでも背中の筋肉を使うことになります。それが結果的に代謝を上げ、脂肪燃焼につながるのでダイエットになるだけでなく、猫背による腰痛の防止ができたり、さらには背筋が伸びていることによりストレスに耐性のあるホルモンが増え、気分的にも前向きになれるとのこと。

逆に悪い姿勢で歩くと、猫背なのでお腹が圧縮されて内臓が下がり、骨盤が開きやすくなります。すると、開いた骨盤と内臓の間にどんどん脂肪がつき、筋肉も使っていないのでお腹が出やすくなります。また、猫背になると顎が前に出てしまいますが、この時、首に負荷がかかるので血流が悪くなり、眼痛疲労、片頭痛、肩こりの原因にもなります。

屋良先生はモデルを目指す人たちへの指導はもちろんしますが、こうした歩き方は日常の健康管理に役立つことが多いので、一般の人にこそ実践してほしいと話します。

美しく歩くための正しい姿勢を知ろう!

美しく歩くための第一歩は、まずは正しい姿勢を知ることから。歩く練習の前に、普段の自分の姿勢をチェックしてみましょう。

【正しい姿勢】
壁に頭や肩をくっつけ、手をぐーっと上に伸ばすことで、胸骨を引き上げます。おへそと背中がくっつくくらいお腹をへこませ、その状態がキープできたら手を下げます。これが、正しい姿勢です。

①手をぐーっと上に伸ばしてお腹を凹ませて少しキープ。

②そのまま腕をゆっくりと下げた状態が「正しい姿勢」。

正しい姿勢をつくることができたら、いざウォーキングの実践です。

【正しい歩き方】
①まっすぐ前を向いたまま、片足を一歩前へ踏み出し、かかとから足を落とします。

<POINT>
・歩幅は大きく普段より5センチ先に足を着地させるイメージで。
・股関節を大きく使うようイメージしましょう。すると足が長く見えます。

②①のかかとが落ちたら、後ろの足で身体を前に押します。

<POINT>
・足を踏み込んだ後、膝の裏がまっすぐ伸びるように意識しましょう。

ちなみに、歩くときの手の振り方は、腕を前に出すのではなく後ろに引くように意識すること。肩甲骨をしっかり動かすイメージで。

最初は「どうやるんだっけ?」と動きがぎこちなるかもしれませんが、ゆっくりと何回か練習するうちに、いつものスピードで歩けるようになります。これだけのことですが、いつもと歩き方が変わることを実感できると思います。

男性も女性も基本の姿勢は一緒ですが、足の運び方に違いがあります。女性は、膝と膝がタッチするように、一直線上を歩くときれいに見えます。一方、男性は自分の脚の左右それぞれの直線上を歩くことを意識することがポイントです。

より美しく歩くために…

正しい歩き方にプラスして、美しく歩くために必要な「足の指の筋トレ」と「足裏のマッサージ」も紹介します。歯磨きをしながら、テレビを見ながらできるので、日常生活に取り入れてみてください。

【足の指の筋トレ】

まず、足を肩幅の広さ開きます。そのまま足の指の力だけで前に進みます。この時、親指、人差し指、中指など指を1つ1つ動かす意識をするのがポイントです。

歩くのが難しい方は、タオルを床に敷いて、足の指の力で自分のほうへ引き寄せる筋トレでもOKです。

人間は歩く時に、足を着地させて地面を蹴り出す動作を繰り返していまが、この時に重要なのが、足の指の力。歩く動作の中で足の指の力が弱いと蹴り出しが上手くいかないほか、歩くときに指が浮いてしまい、身体の重心が変わりやすくブレてしまうので美しく歩くことができないのです。

【足裏のマッサージ】

ワインのコルクかゴルフボール、マッサージボールなどを使って土踏まずや母趾球(足裏の親指の付け根の膨らんだ部分)をほぐすだけ!このマッサージは、歩くのに大切な土踏まずのアーチ部分をやわらかくするために行います。この部分がガチガチに固まっていると、地面の蹴り出しが弱くなり、また歩くときの身体の重心がブレる原因にもなるため、気づいた時にマッサージをして血流を良くしておくことが大切です。冷え予防にも効果があります。マッサージに使うものは、完全な球体よりも、角がついているようなもののほうが刺激になるので効果的です。

正しい姿勢に始まり、美しくあること、そのために必要な足指トレーニングや足裏マッサージなど、普段の生活に取り入れて、習慣づけてみてください。体調不良の改善や身体の変化など、嬉しい効果が実感できるはずです。

*屋良先生の歩き方動画もあります。分かりやすいのでチェックしてみてください。
STAY HOME! 美しく歩こう!ウォーキングレッスン

Triangle studio and lounge
K-POPガールズダンスやJAZZダンスなど豊富なレッスンが体験できる。屋良先生が行うウォーキングレッスンでは、正しい姿勢のほか、健康のための身体の使い方を指導したり、音楽に合わせて楽しくウォーキングを行う。また、屋良先生個人ではミスコンやミセスコンを目指している人向けの指導も行っている。

Triangle studio and loungeのHP: https://triangle.okinawa/
屋良先生の連絡先:〈Instagram〉miyukiyara