kenkoISLANDとは? >

沖縄の健康特集は、kenko ISLANDのバックナンバーでチェック

コラム 2021/04/02 44 views

kenko ISLANDは、沖縄の健康づくり応援誌として2006年の夏に創刊しました。2021年でなんと創刊15周年!発行した号数は58号になります。これまで発行してきた全号は、トップページの「バックナンバーはこちら」から閲覧できるので、ぜひ見てみてください。単に健康に関することだけでなく、特に沖縄に関する情報が盛り込まれているのはkenko ISLANDならでは。これまでどんな特集をしてきたのか、少しご紹介します。

表紙を見るだけでも楽しいkenko ISLANDの変遷

ここ数年の発行号を見ていると、創刊当時のkenko ISLANDは、雰囲気が全然違うと感じるかもしれません。やわらかな雰囲気のイラストを使った表紙には、ひらがなと漢字の「いきいき健康あいらんど」のタイトルロゴ。記念すべき第一号の特集は「THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)をご存知ですか?」。厚生労働省のTHP事業の推進に関する内容をベースに、沖縄県が取り組む「健康おきなわ2010」についても触れていました。

その後は春夏秋冬と年4回ペースで発行し、表紙はおおよそ1年ごとに写真になったり、漫画家さんやイラストレーターさんによるイラストになったりと変化しているので、その変遷を見るだけでも楽しめます。

特集の内容は、「脱メタボリック症候群」「歯を大切にしよう」「“腸”元気ライフ!」「こどもの健康」「目からウロコの免疫学」「悪習慣から肝臓を守る!」「沖縄の肥満って何が問題なの?」など、その時代ごとに多くの人が気になる健康ネタをテーマにしてきました。

若年層の健康意識のアップを図る

2017年7月発行の44号からは、タイトルロゴを英語表記にし、表紙の雰囲気や誌面全体のレイアウトもがらりと変え、若年層にも興味を持ってもらえるよう、見やすくわかりやすい誌面づくりを意識しています。

特集テーマも「よく寝る人は、よく笑う。」「糖質コントロールでカラダを軽く!」「モテる“筋活”」など、20〜30代が興味を持つようなもの内容であるだけでなく、ここ1〜2年は読者プレゼントの充実や、SNSとの連動キャンペーンなども合わせて行っているので、SNSをきっかけにkenko ISLANDを知ってくださる人も多いかもしれません。

「うちなーんちゅの健康応援マガジン」であるkenko ISLANDは、これからもみなさんが気になる健康トピックスをテーマに誌面づくりをしていきます。ご意見もぜひお寄せください。