運動も大事!kenko ISLAND3分プログラムのススメ

カラダ 2022/03/22 479 views

毎日を健康に過ごすために食事と同じくらい大切なのが運動!最新号61号では、ビギナーにもおすすめのkenko ISLANDオリジナル3分プログラムを紹介しました。YouTubeで公開している動画を見ながら一緒に運動できるようになっています。

4つの動きで全身を動かす!

Step1/プルダウン
肩甲骨を大きく動かすことで、肩こりの解消や消化機能のアップ、自律神経を整えることが期待できます。
①手のひらを向かい合わせ、まっすぐに上に伸ばす
②手のひらを返しながら、肩甲骨を引き下げるように両腕をおろす

Step2/グッドモーニング
腰痛予防や消化機能を助けるポーズ。猫背で姿勢を正したい、という人にもおすすめです。
①両手を頭の後ろで組み、背中をまっすぐ伸ばす
②背中をまっすぐ維持したまま、股関節から前方に倒れ、太もも裏の筋肉を使うイメージで起き上がる

Step3/スタンディングニートゥーエルボー
全身の筋肉を動かすことができるポーズ。伸ばしている方の腕が下がらないように気をつけましょう。
①両手を頭上に挙げる
②身体を丸めながら、おへその前で膝と肘を合わせる
③左右交互に行う

Step4/スクワットプルダウン
Step1のプルダウンを取り入れたスクワットポーズ。キツイ場合はスクワットのみでもOK。
①両手を頭上に挙げる
②股関節、膝関節を曲げ、スクワットの姿勢を取ると同時に、両腕はプルダウンを行う
③起き上がる時は股関節から動かすことを意識し、同時に両腕も頭上に伸ばす

身体をととのえる要素がバランス良く入ったメニュー

今回プログラムを考えてくれたのは、うるま市健康福祉センターうるみんを拠点に活動しているトレーナーの高橋烈央さんと金城壮馬さん。

「日頃運動不足の人が弱りやすい筋肉を中心に鍛えることができるメニューにしました。例えば、プルダウンのように両腕を挙げる運動は日常では意外と行わないもの。ここの筋肉が衰えると、肩こりや腰痛、血流の動きが悪くなることにつながります。また、姿勢を正すことで、食べたものの消化を助け、食後に脂肪蓄積を予防する効果も期待できます」と教えてくれました。

動画では立って行っていますが、座ったままでも◎。デスクワークの合間に行うのもおすすめです。 「1セットだけ行うよりも、セット数を増やせば増やすほど、脂肪燃焼を助ける有酸素運動の効果も得られます。ぜひ繰り返し行ってみてください!」と高橋さん。運動初心者という方は、2〜3セットを目指してチャレンジしてみましょう。

うるま市健康福祉センターうるみん
住所/沖縄県うるま市安慶名1-8-1
営業時間/月曜〜土曜10:00〜21:00(日曜は19:00まで)
☎098-973-4007
https://www.urumin.jp/