kenkoISLANDとは? >

歌うためにはベストコンディションで!いーどぅしの健康管理術

特集 2020/07/31 990 views

8月1日発行、kenko ISLAND56号の表紙を飾った女性ポップスデュオ「いーどぅし」のかーなーさんとなみなみさん。現在は東京に住み、沖縄と行き来しながら音楽活動を行い、この夏は次回作のアルバムを制作中とのこと。 そんな二人に日々の健康管理についてお話をうかがいました。

Profile・いーどぅし

かーなー、なみなみとも幼少時から沖縄の古典音楽・民謡を学び、互いに多数の賞を受賞。沖縄県立芸術大学にて学びを深め、卒業後は活動拠点を東京へ移す。カバー曲【海の声】が、YouTube再生回数1日2万件、計300万件越えでブレイク。かーなーは三線、なみなみはギターを奏で、二人による美しい歌声のハーモニーは県内外では勿論、海外でも好評を博す。

2019年8月1日、BEGIN島袋優プロデュースによる最新アルバム「OKINAWAN BLUE」をリリース。2020年1月には東名阪のライブツアーを行い、CMや映画出演など活動の幅も広げている。

現在、新型コロナ渦で自粛中も、SNSを通して音楽活動を精力的に続けている。

健康管理はすべて音楽のために

―毎日の生活で健康管理のためにどんなことをされていますか?

かーなー 私はもともと中学校と高校で陸上部に入っていたので、運動する習慣があったということもあるんですが、今もがっつり運動しています。毎日10キロは走っていますね。そのほかにも、例えば月水金は腹筋、火木土はスクワット、みたいに曜日ごとにやるトレーニングを決めています。日曜はトレーニングはお休みにしていますね。

―音楽活動を意識したトレーニングもありますか?

かーなー 走る時にわざとマスクをつけて肺活量を上げたり、腹筋は歌うためにはインナーマッスルが必要なので、激しいものではなくて、使う部分だけを意識してトレーニングをするようにしていますね。もともと運動が好きなので習慣にするのは苦ではなかったんですが、音楽活動を本格的にやるようになって、「歌のためにはなんでもやろう」って思うようになりましたね。それに、ファンの女の子が「かーなーみたいになりたい」って言ってくれるのを聞いたりすると、「きちんとしなくちゃ!頑張ろう!」ってプレッシャーと同時にとても励みになりますね。

なみなみ 私はスポーツの経験が全然なかったので、東京に来てからかーなーにパーソナルトレーナーさんを紹介してもらって、トレーニングをするようになりました。

私は体力が本当に全然なくて、かーなーの5分の1くらい(笑)。

かーなー 身体がとても細いのもあるしね。

なみなみ みんなに「ライブ時間が長くなるとそれじゃもたなくなるよ!」って言われるので、トレーナーさんにも相談して、「これを食べるといい」っていうアドバイスももらって今は体重を増やすように頑張っています。一日5食を実践中です。

―ライブで実際に体力的にキツイという時はありましたか?

なみなみ 何回かに一度は、ライブですごくしんどい時があります。一度、ツアーで胃腸炎になったことがあって。熱が40度くらいになってしまって、でも止めるわけにいかなくて、二人で「うゎーっ」てなりながら、なんとかやりました。

かーなー でも今はトレーニングをかなり頑張っているよね。

なみなみ 最近は「ペニー」というバランス感覚を養うトレーニングを始めました。スケボーみたいな感じなんですけど、新型コロナで自粛期間中、人に会えないタイミングで一人で黙々とやっていましたね。

コンディションを保つために食べるものへの関心がアップ

―食事面はどうですか?

かーなー 冷え性なので、クレンズジュースを毎朝飲むようにしています。基礎代謝量も上がったし、血のめぐりがよくなりました。これを始めて身体がかなり変わりましたね。

それと、最近は宮古島でゴーヤースムージーというのができて、そこからオーガニックのゴーヤーペーストを買って、それに100%のオレンジジュースを合わせて飲んでいます。これはなみなみと二人でやっていますね。そのゴーヤーは苦くなくて、甘みがあって本当においしいんです。最初に飲んだ時は「砂糖が入ってるんじゃないか?!」って思ってしまったくらい。でも添加物は一切入っていなくて飲みやすくてとてもお気に入りです。

なみなみ 自分で料理作りも頑張っています。作り方は母親に電話で聞きます。材料を買うところから「何買えばいい?」って電話して、作っている最中も「今からみりん入れるよ。いい?」みたいな。お母さんはちょっとウザいと思っているかも(笑)。

かーなー 私は今年結婚して、相手がプロ野球選手なんですね。なので、料理は去年と今年でがっつり勉強しました。アスリートフードマイスターの資格も取りました。でも結果的にそれが自分のためにもなっていて、このクレンズジュースも彼のために始めたんですが、自分の体調管理にも役立っていて良かったなって思います。

なみなみ ライブ前は辛いものやスパイシーなものは控えるようにしています。

かーなー 辛いものをあまり食べると刺激が強いので、喉がバテやすくなるというか。スパンと高音が当たらなくなるような気がします。でも二人ともカレーが好きなので、甘口にして食べたりしていますね。

―ちなみにお酒は飲みますか?

なみなみ 私はあんまり飲めないけど…、かーなーは、ね。

かーなー かなり飲みますね(笑)。

なみなみ かーなーが酔いつぶれたのは見たことないかも。

かーなー 好きだし、飲めちゃうんです。でもライブ前は量を控えたり調整はします。あんまり「飲み過ぎはダメ!」と思ってしまうと逆にストレスになるので、ほどほどにしていますね。

二人の夏バテ経験とは?

―現在は東京にお住まいですが暑さに違いはありますか?

かーなー 沖縄はじりじり焼けているような暑さで、東京はじわーっとくるような感じ。クーラーは一応使いますが、そんなに好きではないですね。子どもの頃はクーラーが良かったけど、その時はおばあちゃんとかに「扇風機にしておきなさい」って言われて、あーあって思っていました。

なみなみ 扇風機の方がよく使ったかもしれないね。

―お二人は夏バテの経験はありますか?

かーなー あります!野外ライブの後だったかな…。あとは走り過ぎたとき。私はもともと頭痛持ちなので、体調が悪くなる時はすぐ頭痛がするんです。

学生時代は陸上部でかなりハードに走っていたので、そうすると必ず頭が痛くなってちょっと体調が悪くなって。だから以前は暑くなったらみんな必ず夏バテするものだと思っていました。

なみなみ 私は夏バテになったことはないと思うんですけど…。でも、もしかしたらなっていても気づかないタイプかもしれません。

かーなー なみなみは体調を崩すことがおおくて、昨日もお腹の調子があんまりよくなかったりするから、それが夏バテかどうか分からなそう。

なみなみ 免疫が弱いんだと思います。でも、音楽をやるには体力がないといけないので、睡眠は一番大事だと思ってしっかり取るようにしています。

かーなー 確かに休むことは大切!私は風邪対策も含めて夜はマスクをして寝ていますね。今こうやって体調管理にすごく気遣うようになったのはやっぱりぜんぶ音楽活動につながっていて。そのためだから頑張れるなって感じています。

なみなみ そうだね。私も体力つけようって思えるのは音楽があるからだと思う。ライブをやり遂げられる体力をつけるためにこれからも頑張ります!